アディダスとリーボックのブランドでスポーツウェアやシューズを販売するドイツのアディダスAGが2020年までに両ブランド合わせて1000店舗をインド国内で展開することをめざしているとエコノミックタイムスが伝えた。

同社はインド市場での成長を促進するため、実店舗とオンラインの双方に焦点を当てていく。
主要都市以外での販路拡大計画について訊かれると、同社のデーブ・トーマス専務取締役は「我々は大都市では大きなストーリーを描いているが、一方でそうした市場における戦略も持っている」と話した。

リーボックインドは4日、デリーのGK1マーケットにFit-Hubコンセプトストアをオープンした。
現在リーボックインドが世界での売上に占める割合は1ケタ台と非常に小さいが、中間層の増加とインド人のフィットネスへの関心の高まりから、将来的には増加することを期待されている。

引用元:http://economictimes.indiatimes.com/industry/services/retail/adidas-india-aims-at-1000-stores-by-2020/articleshow/49663130.cms