ムンバイの国内線および国際線の運営を一本化していく動きの一環で、9月第4週より各航空会社らが新しく設置されたターミナル(T2)に運営を移行しているとエコノミックタイムズは伝えている。

タタとシンガポール航空が運営するVistara航空だけが現在唯一T2で運行しており、それに続いて9月25日からLCCであるゴーエアーが、10月1日から国営航空会社エアインディアが運営を開始するとチャトラパティ・シヴァ―ジー国際空港(ムンバイ)は公表した。

現在、エアインディアとゴーエアーは国内線ターミナル1Aで運営しており、9月25日よりゴーエアーは出発便をターミナル1B(ゲートNo.2)に移行し運営を開始する予定だ。

10363828_10204786188887871_2940116051419374772_n
写真:ムンバイ国際空港

しかし、空港側はゴーエアーの到着便のみ、次の移行期間が開始するまでの間は引き続き古い空港のターミナル1Aで運営すると言及している。

エアインディアは2014年1月のオープン以来、国際線はT2で運行している。
空港側は国内線利用者に対して混乱を避けるため、搭乗時には空港に早めに到着するよう勧めている。

ジェットエアウェイズ、インディゴ、スパイスジェット等のその他の航空会社は引き続きT1Aで運営を行う。

引用:
http://economictimes.indiatimes.com/industry/transportation/airlines-/-aviation/airindia-goair-to-shift-domestic-operations-to-t2-shortly/articleshow/49001782.cms