エアインディアはDGCA(インド民間航空管理局)による体重規定を守れなかった客室乗務員を含む乗務員約125名について地上勤務を命じると見られるとヒンドゥスタンタイムスが伝えた。
また地上勤務となる従業員以外には自主退職を勧める可能性もあると伝えられている。

5360642666_b1a1293052_z

国営航空会社であるエアインディアは昨年、約600名の『体重オーバー』乗務員に対し、DGCAのガイドラインを遵守するため一定期間でダイエットのチャンスを与えた。

その600名のうち約125名がダイエットに失敗し、今後飛行業務に携わることは許されないと判断された。

DGCAの規定によると、客室乗務員として男性はBMI18~25の間、女性はBMI18~22の間が通常であると定められている。

引用リンク:http://www.hindustantimes.com/business-news/air-india-likely-to-ground-125-overweight-cabin-crew-members/article1-1390070.aspx