利用客の増加に伴って飛び込み自殺の件数が増加し、デリーメトロは駅構内の混雑に対処するという難しいタスクに直面している。
これを容易にするため、デリーメトロレイルコーポレーション(DMRC)はプラットフォームスクリーンドア(PSDs)の設置を計画しているとヒンドゥスタンタイムスが伝えた。

41ae7b53-s

現在、こうしたドアを設置しているのはエアポートラインのみである。これらはホームと電車の間をパーティションのように区切っている。
今年末までにDMRCはイエローラインのCentral Seretariat駅からKashmere Gateまでの6駅にPSDsを設置したいと考えている。

2012年にメトロ駅構内で17件の自殺と49件の自殺未遂が発生したことを受け、中央産業安全部隊(CISF)がDMRCに対しホームへのCCTVカメラの設置を要請した。

ドアの高さは1.7メートルで、プラットフォーム側にLCDパネルスクリーンを搭載し広告の投影が可能となる。
これらの設置においては韓国とインドの企業による共同事業の契約が締結されている。

デリーメトロは、2002年にレッドラインが開業した。女性専用車両の他に、各車両に女性優先席が設けられている。
デリーメトロエリアは拡大を続け、それに伴い自殺者も上昇した。
インドでの自殺方法は服毒自殺、首つり自殺が多い。

引用:http://www.hindustantimes.com/newdelhi/delhi-metro-to-get-platform-screen-doors-to-prevent-suicides/article1-1380912.aspx