オンラインタクシー配車サービス会社、マイタクシーインディア (MTI)は、日本のタクシー会社「日本交通」より50万米ドルの出資を受けた。

taxi
http://www.mytaxiindia.com/

資金の用途としてまず、90億米ドル相当とも言われる急成長中のカーレンタル市場である国内新都市での運営規模の拡大に費やす。

GHVのおかげでMTIは日本で最も歴史のある企業の一つであるタクシー会社、日本交通からの資金調達に成功した。
インドのタクシー市場が絶頂を迎えようとしている正に最高のタイミングであることは我々にとって幸運である。
日本交通を参考に我々のビジネスモデルを検証できるようになるというGHVのアドバイスもあり、素晴らしい選択をしたと感じている」とMTIのアンシュマン・ミヒル創業者兼最高経営責任者(CEO)は語る。

2012年にミヒル氏とモヒト・ラージパル氏、サティヤカム・ラフール氏によって設立されたMTIは、都市間移動や長距離移動などB2B(会社向け)、B2C(個人向け)の双方を対象にタクシービジネスを展開、利用客は102都市で約4000台のタクシー(自動車、テンポ、バス)の配車を受けることが可能だ。

「長い間タクシーとリムジンサービスは利用客にとっては、移動手段の一つでしかなかった。それが現在ではタクシーでの旅を単なる移動手段を超えた記憶に残るひとときにアップグレードすることで多くの顧客を引き付けている。
日本の『おもてなし』のスピリットと共に、利用客に素晴らしいサービスを世界中で提供していきたい」と日本交通の川鍋社長は言う。

MTIはグルガオン拠点で個人投資家Vikram Upadhyaya氏により設立されたGHV Accelerator社のメンバー企業である。
GHVは10万米ドルより投資助言を行っており、日本のベンチャーキャピタルファンドの最大手の一つであるWorld Innovation Labsやインドのオンラインプラットフォームの開発会社LetsVentureなどとタイアップしてビジネス展開をしている。