28日午前9時頃、グルガオンのゴルフコースロードにあるSuncity Business Tower前で、49歳のインド人男性が何者かに銃で撃たれて死亡したとヒンドゥスタンタイムズが伝えた。

死亡したのはデリーのカラワル・ナガルに住むアニール・クマール・シュクラ氏。
目撃者の情報によると、シュクラ氏が建物に向かって歩いていたところ、何者かが同氏の鞄をひったくろうとした。
近くには警備員も含め数名がいたが、誰も同氏を助けようとはしなかった。

「男性と若者は10分近くもみ合っていた。若者が急に男性に襲いかかり、男性は現金が入っていると見られる鞄を守ろうと格闘していた。
数分後に若者が銃を取り出して男性の胸部を撃ち、路上で待っていた別の若者のバイクに乗って逃げて行った」と当時の状況を目撃したタクシー運転手は語った。

警備員は警備室とセクター56の派出所に連絡し、駆けつけた警察官が地面に落ちている2発の実弾を発見した。
警察によれば、同氏の家族へ連絡すると同時に、30分後に現場に到着した検死課に遺体を引き渡した。
また目撃者の情報とCCTVの記録を元に容疑者の特定を急ぐとしている。

引用ニュース
http://www.hindustantimes.com/gurgaon/man-shot-dead-by-unidentified-attacker-in-gurgaon/story-fFMfXaGmhf7ZSITirG0AYJ.html