インドへの窓口のひとつ、デリー国際空港の入国から空港に出るまでの完全マニュアル【2015年12月改定】です。

飛行到着後、イミグレーションを目指します。広大な敷地を有するデリー国際空港。
端の方に飛行機が止まると5分以上歩かないと辿り着かない事もあります。

ひたすら、EXITを目指して歩いて行こう。
image

歩く歩道の間にお手洗いがあります。男女どちらか間違え様のない入り口です。
この写真をみるとインド帰って来た!とテンションの上がる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

image

遂にイミグレーション前に到着。喫煙者の方は左手に見える喫煙ルームで一服をどうぞ。

image

エスカレーターを下るとイミグレーションに到着。外国人カウンターは一番奥にあります。
ビジネスクラスで入国される方は、エスカレーター降りて一番手前のカウンターでもOKです。
エアインディアの場合、ビジネスクラスもスターアライアンスゴールドメンバーもプリントされる
チケットが同じなので、このカウンターを使用できるかもしれません。

image

オンラインでVISAを取得してる方は、更に奥にあるカウンターへ。オンラインVISAの申請はコチラから。
イミグレーションを通過した後もすぐに入国スタンプを確認するスタッフが待ち構えていますのでスタンプを
押してもらったページをすぐに開けれるようにしておいた方がよいです。

荷物受取のベルトコンベア前には市内へのアクセス方法が書いてありました。
image

税関を通りに抜け、無事インドに入国!!一番左側に携帯のSIMカードを購入できるところがあります。
23時半頃でもお店は空いてました。
一番感じのよかった、Vodafoneで90日有効期限2GBとネットプラン+250分のトーク付SIMを1300rsで購入。
空港の外のローカル携帯屋で買うともうちょっと安いと思います。
パスポートサイズの写真(なくてもOKなようです。)と、インドにいる友人などの携帯番号、宿泊先の住所などが必要です。

空港外のローカル携帯屋さんで購入の場合、外国人登録証明書(FRRO)が必要との情報もあり多少(かなり)割高感が
ありますが、筆者はいつも空港でシムを買う事にしてます。ローカルの携帯屋さんより対応にも慣れていて色んな質問が
あってもそれなりに対応してました。インド全土で使えると説明はしていましたが、あまり期待しないほうがいいと思います。

インターネットを使用する場合は、購入から2時間後に117に電話し、自分の名前、電話番号、宿泊先を伝える
必要があります。この電話が終わってから30分以内にインターネットが使用できるようになります。
ショップの店員さんが、わかりやすく紙に書いて教えてくれます。

隣で話していた人はipadを使用(インターネットのみ)しようとしてましたが一度必ず電話をする必要があり
アクティベイトが済んでからSIMを入れ替える必要があります。マイクロシムにカットしても大きなサイズに
変更できるアダプターも入っているのでポケットwifiなどにも入れ替えが可能です。

23時頃に到着の便なので、タクシーで移動。タクシーはメーター+以下の料金が必要です。(写真は深夜料金バージョン)

image

税関を抜けたところで声をかけてくるタクシーではなく、カウンターでタクシーをお願いしたほうが安心です。
メーターを倒さない運転手もいますのでその時は、ほかのタクシーに移ってしまう方がよいと思います。