ジャンムー・カシミール州である世帯に対し10月の電気代として3億9千万ルピーの請求書が届いたとして電力開発局(PDD)に申し立て、当局は請求システムの不具合によるものとして早急に訂正することを保証したとタイムズオブインディアが伝えた。

image
この請求書を受け取ったジャンムー市内に住むラーム・クリシュナン氏の家族は「うちは普通の中流家庭だというのに・・・インドで一番の金持ちでも1ヶ月でこれほど高額な電気代を支払うことはあり得ない」と驚きを隠せない様子で話した。

PDDは請求書を作成するソフトウェアに何らかのエラーがあったものとみており、またこれに対して早急に対処し訂正を行うと述べている。

引用元:http://timesofindia.indiatimes.com/city/jammu/JK-man-gets-Rs-39-crore-power-bill-officials-blame-software/articleshow/49886526.cms