デリー・テクノロジカル大学(DTU)の学生チェタン・カッカールがグーグルから年俸19万米ドル(約1270万ルピー)という過去最高金額の提示を受けたとエコノミックタイムスが伝えた。

プーサ・ロードにあるスプリングデールズ・スクールの卒業生であるカッカールは、DTUが彼の将来を一変させたと話した。
カッカールの両親は共にデリー大学で教員をしており、母親のリタ・カッカールは化学、父親のスバーシュ・カッカールはマネジメント学の分野で教鞭を取っている。

DTUの情報技術学部の最終学年に所属しており、2016年の卒業後はカリフォルニアのグーグルで年俸19万米ドル(1257万4200ルピー)という条件で勤務を開始する。
これまでDTUの学生が定時された年俸の最高金額は930万ルピーだった。

「自分はこのために今まで努力したきた。グーグルで働けることに興奮している」とカッカールは話している。

引用元:
http://economictimes.indiatimes.com/jobs/delhi-boy-gets-rs-1-27-crore-offer-from-google/articleshow/49856038.cms