こんにちは。CALICO : the art of Indian village fabricsの小林 & 増住です。

シーズンごとにいろいろなインドの地域を巡って、素朴で素敵な手織り布、手染め布、またはそれらをつかったアイテムを現地パートナーと一緒にデザイン・プロデュースしていきます。


先日ちょうどタイミングよくインドにいらした京都ジャワ更紗ISISの石田さんと共に、織都アーメダバードのCALICO博物館を再訪してきました。

前回オリッサと東南アジアのつながりについて少し書かせていただきましたが、CALICO博物館のあるグジャラート州もインドネシアの王様から受注を受けて、有名なパトラという絣の技法で獅子模様などを織っていたとのこと、それらに影響を受けて東南アジアでもイカット(絣織)が織られるようになったのではないかと考えられているそうです。インド布の伝播力は当時からやっぱりすごかったのですね。

CALICO博物館では、写真が撮れないことも幸いして、とにかく素直に感動し、興奮し、よく目にやきつけてきました。ブロックプリントが広く普及する以前の気の遠くなるような織や刺繍の技術。この贅を極める当時の権力者ってすごいですね。今はこうした手仕事の職人が仮にいたとしても、誰がオーダーをかけるでしょうか。現代では成功者はポロシャツにジーンズを穿いていますものね。そうやって技術や伝統が廃れていってしまうのは嫌だと思い、権力者も権力者じゃない人も楽しめる(笑)手仕事布の裾野を広くしていこうと思いましたよ。

前置きが長くなりましたが、今日は、そんなアーメダバードとも関わりの深い、ペルシアの職人とイスラム商人のお話です。7世紀、預言者ムハンマドが出現してからインドにもアラブの時代がやってきます。アフガニスタン、バルチスタンに続くペルシア帝国が没落し、アラビア海軍が現在のパキスタンやグジャラート州周辺に現れるようになりました。

実は、インド布に関して当時の歴史資料といえば、14-15世紀頃の綿布片がエジプトの諸都市で見つかったことくらいしかないのですが、13世紀トルコ・アフガン勢の支配下にあった北西インドに、モンゴル帝国が中央アジアを征服すると、ペルシア帝国から脱出した職人たちがインド大陸に流れこみ、デリースルタン王朝の庇護の下、ペルシアの影響の強い様々な文化が開花したそうです。

 

 CALICO : the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS (キヤリコ:インド手仕事布の世界)のご紹介
2012年よりデリーを中心に活動する日本人ユニットCALICO worksがプロデュースする布ブランドです。
インド布の産地を旅して、素朴で美しい布を再発見し、各地のパートナーと製品をデザイン・プロデュースしています。
デリーではHauz Khas VillageのブティックホテルTHE ROSEで一部取り扱っています。
CALICO : the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS オンラインサイト オープンしました(日本限定での展開)
http://calicoindia.jp
http://www.facebook.com/calicoindiajp
http://ameblo.jp/calicoindia
TEL : 8800764022 (小林 / 増住)
THE ROSE
http://www.therosenewdelhi.com
T-40 Hauz Khas Village
TEL: 11-64500001, 9953331108