こんにちは。CALICO : the art of Indian village fabricsの小林 & 増住です。

シーズンごとにいろいろなインドの地域を巡って、素朴で素敵な手織り布、手染め布、またはそれらをつかったアイテムを現地パートナーと一緒にデザイン・プロデュースしていきます。

こんにちは。CALICOの小林です。
地元の奈良で暑い夏の大半を過ごした後、少し涼しくなったインドに帰ってきました。さて、今回は、その奈良とも関係のある、インド布産業が花開いた紀元後のシルクロードの時代です。

シルクロードは、ユーラシア大陸に現れた4つの帝国―漢、クシャーナ朝インド、ペルシア帝国、ローマ帝国がそれぞれ繁栄するに従ってできあがった交易のネットワークです。

ときのインドは、クシャーナ朝。それまでオリエント世界にしか知られていなかったモスリン(薄い上質な綿織物)が、「織られた風」と呼ばれ、当時のローマ社会で人気を博します。

ではシルクロードの中心的な交易品であるはずのシルクはどうでしょうか。実は、シルクは今でもインドを代表する布ですが、インド原産ではないのです。インドは中国から原材料である繭を輸入し、絹糸や絹織物をインドで生産し、ローマやペルシア世界に輸出していたといわれています。おそらく、モスリンの生産・流通基盤をうまく活かしていたのでしょう。

もちろん、今では繭もインド国内で生産されています。手織物の村は、その昔からネットワークをつかってインド国内のそれぞれの産地から繭を取り寄せてきています。どの村も、一見取り残されたような素朴な村に見えるのに、昔からさまざまな人や手織物、それに伴ってデザインや技術が行き来し合っていたことを想像すると楽しくなります。

そして、そんなネットワークの果ての果てに奈良があったと考えられます。「シルクロードの終着駅」といわれた奈良・正倉院に収蔵されている裂の多くは、今日の中国大陸や韓国半島で織られたものといわれていますが、インドのアジャンター石窟寺院でもみられるような絣織やペルシア・インドで広範に用いられていた樹下動物モチーフの裂なども残っています。

残念ながらこの地図に日本はあまりちゃんと書かれていません。

nuno4

 

 

 

 CALICO : the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS (キヤリコ:インド手仕事布の世界)のご紹介
2012年よりデリーを中心に活動する日本人ユニットCALICO worksがプロデュースする布ブランドです。
インド布の産地を旅して、素朴で美しい布を再発見し、各地のパートナーと製品をデザイン・プロデュースしています。
デリーではHauz Khas VillageのブティックホテルTHE ROSEで一部取り扱っています。
CALICO : the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS オンラインサイト オープンしました(日本限定での展開)
http://calicoindia.jp
http://www.facebook.com/calicoindiajp
http://ameblo.jp/calicoindia
TEL : 8800764022 (小林 / 増住)
THE ROSE
http://www.therosenewdelhi.com
T-40 Hauz Khas Village
TEL: 11-64500001, 9953331108